//

【パクれる型付】離脱を防ぐリード文の書き方、役割とは?テンプレート付き

こんにちは、ジョイセです。

 

コピーライティング、ブログなど「キャッチコピー、タイトルが9割」といわれても、

「どう書けばいいの?」悩んでしまうことありませんか?

リード文の内容が間違っていると、読者は本文を読むことすらないんです。

 

とはいっても・・・。

 

「どうしてリード文がいるの?」

「イマイチ、どう書けばいいのかわからない。」

「読まれるリード文の書き方が知りたい!」

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容
  • なぜリード文が必要なのか?
  • リード文の役割は本文への橋渡し役
  • リード文を書くときの3つのステップ
  • すぐ真似できる!離脱を防ぐリード文の型(パクってね)
【この記事の信ぴょう性】
アイコン

記事を書いてる人:縄手ジョイセ

愛知県でセールスコピーライターとして活動

2020年からブログ運営

◆個人ビジネスや中小企業の方のセールスレターやLP作成

集客・売上のお手伝いをしています。

【読まれる、わかりやすい、心を動かし行動する良質な記事】を心がけて執筆。

どれだけいいキャッチコピー、タイトルを書いても、意味のあるリード文を書いていないと

あなたの書いたブログやセールスレターは読まれません。

つまり、ブログは最後まで読まれないし、あなたの商品は購入されない。

この記事を最後まで読むと、リード文の役割や重要性、どのように書くのかまで

すぐに真似できて、読者が読み進めたくなる心を動かすリード文を書けるようになりますよ。

ぜひ、最後まで読んでね♪

なぜリード文は必要なのか?

どうしてリード文を書くのか?

「あっても、なくても同じじゃない?」

そう思うのは、自分の視点で文章を書いているから

キャッチコピーの役割は「注意を引く」ことです。

まず、クリックしてもらうことが目的。

リード文は、キャッチコピーの補足する役割があります。

タイトルを見て、次にくる文章を読みます。

そこに、読まれるリード文がないと読者は「あれ?思ってたのと違うな」

本文を読まずに、離脱してしまいます。

読者の離脱を防ぐためにも、リード文を書く必要があるのです。

「リード文は読者の離脱を防ぐためにも必要なのか!」理解したところで

他にもどんな効果があるのかを解説します!

リード文の役割は本文への橋渡し役

イスに座る男性画像

リード文の役割は、「本文へ橋渡し」っといっても

イメージしづらいので少し言葉を変えてみます。

リード文の役割は、

『キャッチコピーの内容を補い、気持ちよく本文を読んでもらう役割』

この「気持ちよく読んでもらう」が超重要!!

離脱が増えることは、記事がよくないから離脱します。

離脱のことを「直帰(ちょっき)」っていいます。

読んで字のごとく、直ぐ帰る

デートでそんなことされたら、一生のトラウマ級( ノД`)シクシク…

直帰率が高いと特にコンテンツ記事やブログ記事は致命的!

なぜなら、Googleからの評価が低くなってしまい

検索上位に表示されにくくなっちゃうからです。

SEO対策の視点からみても、リード文は重要な役割があるんです!

うん、キャッチコピーやタイトルに力を注ぐことも大事です。

でも、読者に読まれていないともっとダメなんです!

わかる、私もタイトルに時間をかけて何度も修正していた。

リード文を甘く見る人も多いのです

読まれるリード文を書けるとライバルより抜きにでる存在になれます。

じゃあ、具体的にはどう書いたらいいの?

簡単なステップにしたのでいってみよう!

リード文を書くときの3つのステップ

ステップアップ画像

離脱を防いで、本文へ気持ちよく読んでもらうための

リード文の書き方を3ステップで紹介!

〇リード文の書き方3ステップ

①読者の悩みを明確にする

②この記事を読んで得られること(ベネフィット)

③どうして得られるのか理由を示す(権威性・証拠)

①読者の悩みを明確にする

書き手は常に、読者第一主義です。

まずは、読者の悩み、抱えてる問題はなにかを

手に取るように理解すること。

例えば、過去にこんな記事を書きました。

怪しくないよ【セールスライティング】とは?解説とおすすめの本を紹介!

このときの、想定した読者の悩みは以下のようです。

①セールスライティングってなに?

②セールスライティングを学びたいけどわからない

③セールスライティングでおすすめの本が知りたい

リード文に記事の中身は「こんな人向けの記事だよ~」って明記してあげましょう。

想定読者はどんな悩み、知りたいこと、問題を抱えているのか書いてあげます。

そうすると、読者は「自分の問題が解決される記事だ」と認識してくれます!

②この記事を読んで得られること(ベネフィット)

次は、この記事を読むとどうなる?この商品を買うとどうなるの?

読者は未来が気になるのです。

「5000文字読んで、大したこと書いてないじゃん!」

時間がもったいないって思っちゃいますよね。

読者がこのような状態にならないためにも、

この記事を読んで得られる未来を伝えるのがいいです。

例えば、先ほどの

怪しくないよ【セールスライティング】とは?解説とおすすめの本を紹介!

得られる未来は、

✓セールスライティングについて基礎知識を知れる

✓行動してもらうために“価値”を伝える文章とは

✓セールスライティングのおすすめの本(初心者向け)

得られる未来以外に、避けられる未来を書くのもGOOD!

例えば、

「同じ時期にはじめたWebライターはどんどん先に進んで

自分だけが取り残される状況にならない。」

このように伝えるのも効果的です!

ポジティブ3に対して、ネガティブ1くらいの割合がおすすめです。

③どうして得られるのか理由を示す(権威性・証拠)

次に得られる未来、避けられる未来の理由や証拠を示しましょう。

読者の頭の中は、「あんた誰?何者?どうして私に言ってくるの?」

この疑心不安信用して読んでもらうためです。

例えば、この記事の上の方にこんな記載をしました。

【この記事の信ぴょう性】
アイコン

記事を書いてる人:縄手ジョイセ

愛知県でセールスコピーライターとして活動

2020年からブログ運営

◆個人ビジネスや中小企業の方のセールスレターやLP作成

集客・売上のお手伝いをしています。

【読まれる、わかりやすい、心を動かし行動する良質な記事】を心がけて執筆。

【実績】【過去の経験】【取り組んだ結果】を書いてあげると

読者の安心や信用に繋がります。

すぐ真似できる!離脱を防ぐリード文の型(パクってね)

ひらめき画像

今回は特別に離脱を防ぐリード文の型を紹介します!

リード文の書き方3つのステップを取り入れながら

リード文のテンプレートを用意しています。

大きな骨組みはテンプレートを使って、自分の読者やあつかう商品よって

言葉や数字を変えるといいですよ。

ブログ記事やセールスレター、LP、メルマガなんかに使えので

ぜひ、リード文を書くときにパクってください♪

①:読者の悩み・共感型

リード文の書き方3ステップの①では、読者の悩みをわかる必要があると伝えました。

そこでリード文を読んで「自分のことだ!」と

思ってもらえるリード文があると読み進めたくなります。

【読者(お客さん)の悩み+~で悩んでいいませんか?】

このような悩みに共感する文をつけましょう!

【読者の悩み・共感型テンプレート一覧】

「~したいけど、〇〇できず困っていませんか?」

「~したいが、どうすればいいかわからないで悩んでいませんか?」

「~のやり方で迷っていませんか?」

「~したいけど、〇〇が不安(心配)ではありませんか?」

「~がほしいけど、私にはできないと諦めていませんか?」

①:自己紹介型(企業のホームページ向け)

企業のホームページ向けコンテンツやトップページにサブタイトルとして

簡単な自己紹介リード文があると読者の記憶に残りやすいです。

また、狙ってるSEOのキーワードを入れると検索上位を狙えます!

こちらも簡単なテンプレートがあるので活用ください。

【自己紹介型(企業のホームページ向け)テンプレート一覧】

「A(サブキーワード)でB(メインキーワード)なら、○○会社(会社名)へお任せください」

「A(サブキーワード)のB(メインキーワード)のことなら、○○へ!」

A(サブキーワード)とは

メインキーワードに組み合わせて効果を発揮させるのが関連の言葉です。

例えば、地名キーワードや、「安い」「早い」「簡単」「代行」などの

お得を感じさせるキーワードになります。

B(メインキーワード)とは…

商品・サービスの内容や会社名がメインキーワードです。

例えば、Web集客、Webデザイン、婚活サイトなどです。

②:得られる未来型

リード文の書き方3ステップの②では、読者の得られる未来を示す必要があると伝えました。

「こんな風になるよ、こんなことが記事には書かれているよ」

具体的に箇条書きにしたり、テンプレートを使ったりして書きましょう。

【理想の未来型のテンプレート一覧】

「この記事では〜がわかります」

「〇〇について知ることができます」

「■■のポイントを3つにまとめました」

「〇〇をうまく活用する方法がわかります」

「~の疑問を解消」

③:理由・権威性の信用型

リード文の書き方3ステップの③では、どうして得られるのか

理由(権威性・証拠)を示すとお伝えしました。

読者はまだ、あなたのことを信用していません。

「あんた誰、何者?」って思っています。

リード文で「自分は何者なのか」を伝える必要があります。

【理由・権威性の信用型テンプレート一覧】

「これまで~に〇〇年以上、携わった経験があります」

「〇〇の実績(経験)がある私なら、すぐにあなたの問題を解決できます」

「これまで、〇〇件(人)以上の、お悩みを解決してきました」

「~の悩みが解決したとお客様の声が寄せられています」

「実は、私も同じことで悩んでいました~」

③:安心プラス型

読者の不安要素を安心に変えるリード文をくわえましょう。

【安心プラス型テンプレート一覧】

「このページを読むことで~になる」

「〇〇できるようになります」

「この商品(サービス)を使った理想の~を手に入れよう」

「~で悩んでいたのが、まるで嘘のように〇〇がわかる」

「~ができるようになります」

おまけ:コンバージョン上げる型

おまけに文末にこれがあると、

お問い合わせや反応率、コンバージョンが上がるテンプレートです。

【コンバージョンが上がる型テンプレート一覧】

「無料相談は、お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください」

「お見積り・ご相談は無料です」

「~したい方は、ぜひご覧ください」

「今月〇個までの限定販売なので、お早めにご注文ください」

「小さなことから何でもご相談ください」

「〇分で読めるので~したい方は、ぜひ最後までご覧ください」

ドドーンとテンプレートをまとめました。

誰でも真似できるようになっているので、パクっちゃってくださいね♪

まとめ

今回は、離脱を防ぐリード文の書き方や役割、今すぐ使えるテンプレートを紹介しました。

多くの人がタイトルに力をいれて、リード文を甘くみることがあります。

リード文は、読者の興味を保ちながら、気持ちよく本文を読んでもらう役割があります。

それ以外にも、GoogleのSEO対策に必要な要素です。

これからは最後に紹介した、

【リード文のテンプレート】を使って魅力的な文章を書いていきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次の記事で会いましょ~(#^.^#)

シェアしてくれたら、うれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
ジョイ
こんにちは!ブログ運営者のジョイです! 私は岡崎在住の会社員です! この「岡崎ナビりん」では岡崎市を中心に観光・グルメなどの旬な情報を発信します♪ どうぞ、「岡崎ナビりん」を活用ください☆ SNSで使える人に伝える文章メゾットも紹介しています!